Search
Search Menu

リーズナブル価格のプロジェクターでも使える?

あなたは果たしてどのようなプロジェクター・projectorを求めているのでしょうか。念願のプロジェクター・projectorを購入!できるだけリーズナブル価格のプロジェクター・projectorでいいという思いも当然あるかもしれません。

プロジェクター・projectorは上を見れば100万円クラスのものもあり、そのようなプロジェクター・projectorはとうてい手が届くはずはありません。

プロジェクターはここがオススメ

リーズナブル価格のプロジェクター・projectorのここを抑えたい

しかしリーズナブル価格のプロジェクター・projectorならなんでもいいということではありません。あなたは、それでもこんな部分をしっかり抑えておかなければならないでしょう。

ルーメン数(プロジェクターの明るさ)

まずプロジェクター・projector購入で抑えておかなければならないポイントは、ルーメン数(プロジェクターの明るさ)です。

ルーメン数(プロジェクターの明るさ)は、極々リーズナブル価格のプロジェクター・projectorでは、 100~200ルーメンか、 1000~1200ルーメンと言ったところでしょう。

あなたは、リーズナブルもリーズナブル価格10000円以下でプロジェクター・projectorを購入しようと思っているのです。

果たして、そんな安易な思いは実現することができるのでしょうか。

そして、実現して、あとあと購入しなければ良かったということにならないのでしょうか。

100~200ルーメンのプロジェクター・projectorで抑えておかなければならないポイントは、夜にカーテンを閉めるなど真っ暗な環境でないとなかなか見づらい問題を抱えていたりします。

あなたが1000~1200ルーメンのものを購入すれば、窓際など極端に明るい場所でないなら、昼間でも使うことができるでしょう。

あなたは、果たしてリーズナブル価格のプロジェクター・projectorを購入してどのような使い方をしようと思っているのでしょうか。それをまず考えて、プロジェクター・projectorを購入するという方法がいいでしょう。

同じルーメン数であっても、使われるLEDランプの質によっても、プロジェクター・projectorの明るさには多少変化も出てきます。ですから、ルーメンの数値は、一つの指標として参考にする感じがいいいのではないでしょうか。あとあと、こんなはずじゃなかったということもあるかもしれません。

解像度

そしてプロジェクター・projectorを購入する上であなたが追求しなければならないのは、解像度です。リーズナブル価格のプロジェクター・projectorは、480×320
640×480
800×480程度のものです。

リーズナブル価格のプロジェクター

あなたはプロジェクター・projector をそろそろ購入しようと思っている頃ではないでしょうか。

そんなに予算は出すことができないかもしれません。

プロジェクター・projectorは高い価格のものも販売されていますが、 5000円~10000円程度で購入できてしまうものもあります。

それでも念願のプロジェクター・projectorを手に入れる方法ではないでしょうか。

プロジェクターならAZA

5000円~10000円のプロジェクター・projector

プロジェクター・projectorの購入価格が、5000円~10000円。しかし、実際には、あとあとこんなプロジェクター・projectorは購入しなければ良かったと思っている人たちも多く
います。

果たして、プロジェクター・projectorは、安ければ良いということにはならないのでしょうか。

あなたに知って欲しいのは、5000円~10000円のプロジェクター・projectorではなんで後悔してしまうかの方です。

そして、プロジェクター・projectorを購入する上で最低基準ここまで必要ということもしっかり理解しておくといいでしょう。

5000円~10000円のプロジェクター・projectorでも問題ない人

果たして、5000円~10000円のプロジェクター・projectorで問題ない人たちはどんな人たちなのでしょうか。

スマホやPC、PS4などのゲーム機の映像を投影したい人たちは、その程度のリーズナブル価格のプロジェクター・projectorで問題ないのではないでしょうか。

YoutubeやAmazonビデオ、NetFlixなどの動画サービスを大画面で&多人数で見たいという人たちも、とりあえずこんな感じのリーズナブル価格のプロジェクター・projectorでも満たされることが出来るでしょう。

文字のない映像や画像を写そうと考えている人はリーズナブル価格のプロジェクター・projectorでいいかもしれませんが、字幕のある映像、またプレゼンにはもうちょっと価格の高いプロジェクター・projectorを購入した方がいいかもしれません。

真っ暗な環境下で使おうと考えている人たちも、こんな感じの超リーズナブル価格のプロジェクター・projectorでも満たすことができます。

つまりおおかたリーズナブル価格のプロジェクター・projector向きの人たちは、文字なしの映像や画像がメインで購入する人たちです。

プロジェクター・projectorを購入する時、あなたがチェックしなければならないポイントは、やっぱりルーメン数(プロジェクターの明るさ)であったり、
解像度についてです。

リーズナブルなプロジェクター・projectorでOK?

プロジェクター・projectorを欲しいけど、リーズナブル価格のものを探している人たちには、こんなタイプがおすすめです。

プロジェクターと言ったらAZA

エプソン EB-W05

リーズナブル価格のプロジェクター・projectorがいいという人たちは、エプソン EB-W05がおすすめです。

エプソン EB-W05は、 amazon価格で54,682円です。

この程度ならはじめてプロジェクター・projector体験も可能なのではないでしょうか。

リーズナブル価格というもののまだまだプロジェクター・projectorは高いという結論になってしまうかもしれないですが。

おすすめプロジェクター・projectorエプソン EB-W05は、 WXGA対応と少し解像度は抑え気味です。
ですから、この程度のコストのプロジェクター・projectorが誕生したのです。

このプロジェクター・projectorきは、3LCD方式を採用していて、ホワイトと3原色共に3,300lmという光束量を確保しています。

電気をつけたまま映画鑑賞というのも可能です。

またコントラスト比15,000対1を確保していて、映像のキメの細かさはあり、それだけではなく背景の描写もしっかり行い、また資料を広げて説明したりするときにも細かい数字まで読みやすく投影することができます。

エプソン EB-W05は、エプソン というメーカーだから安心して購入できるのではないでしょうか。

また6畳程度の設置スペースも、斜めからの投影が可能なので、80インチ、100インチといった大画面投影をすることができます。

エプソン EB-W05というプロジェクター・projectorは、家庭でプロジェクター・projectorとして、 ビジネス用プロジェクター・projectorとして両方使うことができるタイプです。

WiMiUS LED プロジェクター

更にあなたにおすすめプロジェクター・projectorは、WiMiUS LED プロジェクターです。WiMiUS LED プロジェクターは、amazonで、現在19,999円という価格で購入できます。

こんなリーズナブル価格でプロジェクター・projectorは購入できてしまうのですね。

WiMiUS LED プロジェクターは、DLP方式を採用しています。3,800lmの光束量です。
3原色の光束量は白色ほどは出すことができないですが、照明を絞ることで充分使える明るさを確保することができるでしょう。

このプロジェクター・projectorは、リーズナブル価格のプロジェクターにありがちのホコリがレンズに付着してしまうトラブルに対し、冷却を工夫することで改善されています。

メリットの大きなプロジェクター・projectorの特徴 ベンキュー(BenQ)など

果たしてあなたに一番メリットのあるプロジェクター・projectorはどの機種なのでしょうか。

おすすめのプロジェクターレンタル

ベンキュー(BenQ) TK800

ベンキュー(BenQ) というメーカーは正直言ってあまり馴染みのないという方々もいらっしゃるでしょう。しかし、プロジェクター・projectorとしてベンキュー(BenQ) といいうメーカーは、かなりクオリティーの高い商品を作っています。

おすすめプロジェクター・projectorは、ベンキュー(BenQ) TK800です。

ベンキュー(BenQ) TK800は、高解像度の「4K UHD(3840×2160)」です。映画、ゲームのシーンで、この程度のプロジェクター・projectorなら文句なしです。

更にこのプロジェクター・projectorは、輝度:3000ルーメン、パネルにはDLPを採用しています。

ベンキュー(BenQ) TK800は、重量は4.2kgなので、結構フレキシィブルに活用できそうですね。

また、深く響きわたる重低音と、伸びやかな高音域を楽しむことができる「CinemaMaster Audio+ 2」、「光学ズーム機能」、「縦自動台形補正機能」など機能もかなり充実していると思います。

でも、このプロジェクター・projectorは、価格は10万円越え……しているので、それなり覚悟……して購入しなければならないでしょう。

でも、頑張って購入できない金額ではありませんよね。

ラマス(RAMASU) RA-P1200

次におすすめプロジェクター・projectorは、ラマス(RAMASU)LCDプロジェクター RA-P1200(国内メーカー国内検査品 1080PフルHD対応800×480解像度 70ANSIルーメン パソコン/スマホ/タブレット/ゲーム機接続可能 USB/HDMI/AV/VGAサポート標準カメラ三脚取付可能 )です。

ラマス(RAMASU) RA-P1200は価格は¥8,049 です。

プロジェクター・projectorとはなんぞや……と思っている人たちは、まずこの程度のプロジェクター・projectorから入門・スタートでいいのではないでしょうか。

非常に評価も気になるところですね。このプロジェクター・projectorは画素数は800×480、1080PのフルHDに対応しています。

また最大120インチの大画面で映像を楽しむことができます。

最大輝度は70ルーメンで、そのあたりはやっぱりこの程度の価格では……という感じもありますが。「専用リモコン」や、豊富なインターフェイス(HDMI・VGA・USB2.0・AV・AUDIO)などそこそこ機能も満たされています。

何よりもこのプロジェクター・projectorの魅力は価格!です。

プロジェクターのメリット・デメリット

ひとくちにプロジェクターと言っても、その種類や方式、接続機器も様々で、メーカーによって個性もあり、メリットやデメリットを充分に理解したうえで、購入しなければなりません。

大きく分けて、プロジェクターの投影方式には3種類あります。反射型液晶が使われるLCD方式と、反射型液晶を使ったLCoS方式、デジタルデバイスのDLP方式です。

VGP2016グランプリを受賞したEPSONのEH-TW5350・5350Sは、解像度がフルHDで、パネルタイプは液晶、HDMI端子です。投影距離は、60インチで1.62~1.95 m、80インチで2.17~2.61 m、100インチで2.72~3.27となっています。2200ルーメンの明るさがあり、部屋を暗くしなくても使用可能です。横キーストーン機能搭載で、3万5000:1のコントラスト比です。また無線LAN機能やスクリーンミラーリング機能搭載で、PCやスマホからワイヤレスで投射が可能です。3D映像も滑らかな視聴が出来るメリットがあります。しかし、ファンの騒音が大きいことや、暗いシーンで白色が浮いたり、映像遅延のためゲームには向いていません。

PanasonicのPT-D5000Sは、DLP方式で、S端子・BNC端子です。投影距離は、60インチで2.155~2.864m、80インチで2.895~3.84m、100インチで3.635~4.816mです。ビデオ映像や様々なデータ画像が投写可能ですが、少し映像的に物足りないかもしれません。

SANYOのLP-XL51Aは、小型軽量で持ち運びできる便利さがありますが、部屋が明るいと見えにくい難点があります。

おすすめのプロジェクターレンタル